PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

季節 + 道具 = 楽しむ

神戸の中でも気温が低い神戸市北区

この時期の工房では毎朝バケツの水が氷ります

それを見て僕のテンションも氷ります


バケツの水が氷るかこらないかをその日の冷え込み度合いの基準にしてますが

この日は相当な冷え込み、氷は厚くボンドを掃除するブラシが閉じ込められています

体感温度 + 視覚的な寒さで体の動きがカチコチな毎日

でも基本的に寒いのは嫌いじゃありません

大学時代は競技スキー部でクロスカントリーやってましたし

家具製作のために初めての就職したのも雪深い岐阜県の高山

今でも雪が降ると子供のようにウキウキしてしまいます

そんな楽しみを増やすために数年前から愛用している道具があります


w2.jpg
WALL社の銅製の湯たんぽ

ドイツのWALL社は銅製品メーカーで

小さな工場で熟練した職人たちの手によってひとつひとつ丁寧に作られているそうです

保温性も良くて毎日家族で取り合い状態、一人に一つ欲しいくらいです


そんな取り合いも『季節(冬の寒さ)』と『道具(湯たんぽ)』があってのやり取り

それ自体を特に意識せず生活していても

そういう会話や習慣の中に普通にある道具という存在が好き

そして、人の手が生みだす物はやっぱり感じるものがあります

そんな家具(道具)を僕も生み出していきたいと改めて思いました

| 日記 | 08:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nalgreenfurniture.blog108.fc2.com/tb.php/264-0bbfe5db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Powered by FC2BLOG